selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





欲情警備はラブ2乗/ゆみのたまみ 【AQUA】


〔2013/3/12〕


★★★☆☆

山と田んぼしかないド田舎の町に大手製薬会社の研究所が
やってきた。新米警備員の水瀬は、ひょんなことから仲良
くなった都会派イケメンリーマン・塚原と不思議系研究員
・真狩に毎日可愛がられている。ある日、研究所で起こっ
ている謎の体調不良について、原因を一緒に調べて欲しい
と言われ・・・。真夜中の研究所を3人でカイカン警備☆描き
下ろし超充実のラブエロvコミックス!

2冊目のコミックス。意外と早く出ましたね。
表題作全3話のうちの1話だけが雑誌掲載で、他の作品も
含め全て描き下ろしということです。

表題作は、ド田舎の町に大手製薬会社の研究所ができ、そ
こで警備員として働くことになった、地元の純朴な青年・
拓馬が、タイプの違う二人のイケメン・塚原と真狩にロッ
クオンされ、疑うことなく二人に協力して、美味しくいた
だかれちゃうという3P。2話目は二人が拓馬の家に遊び
に来て川遊びなどをした後、外で・・・という話で、3話目
は研究中のボディクリームなどを使用して・・・という話。
まぁ内容はあって無いようなものですが、楽しそうでいい
んじゃないでしょうか。サクッとエロな感じでした。

『コレクト ユー!』(全2話)は、近所に住んでいた憧れ
の鷹兄を追いかけ上京してきた聡史だったけど、10年ぶり
に会った鷹兄は当時の爽やかな面影は無く、AV会社の社長
を務めるチャラくて横暴な男で・・・という話。
どうして矯正する=Hをすることになったのかさっぱりで
した。鷹兄の本意も解り辛かったですね。

『ドラ息子の躾け方』は、入社してきた社長の息子でやん
ちゃな春樹の教育係になった框井が、言うこと聞かないな
らとお仕置きで躾けちゃう・・・という話。
可愛くなっちゃうヤンキーという春樹のキャラは良かった
ですが、短いので特にこう盛り上がりもなくサラ〜ッとし
ていたかなと。框井も黒さが面白そうだし、ちょっと勿体
無い感じでした。

画面的には全然問題なかったんですが、やはり話としては
いまいち盛り上がりに欠ける感じでしょうか。個人的には
表題作の拓馬を生かして(むっちり具合が可愛いv)もう
少し内容のある話を読んでみたかったです。
ライトに読む分にはいいのかなという感じでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ひみつの社会科準備室/ゆみのたまみ 【Baby】


〔2012/10/24〕


★★☆☆☆

元気が取り柄の倉持先生(日本史担当)は、何故かミステリ
アスなイケメン生徒・木島に追いかけられていた。彼の憩い
の場である社会科準備室にまであらわれて困った奴だと思っ
ていたら、学校で盗難事件が発生し、倉持先生が犯人ではな
いかと疑われてしまった!そんな時に犯人確保のため木島が
ある作戦を提供してきて・・・?魅惑の男子生徒に振り回される、
イタズラな学園ラブv

全て商業未発表作品と描き下ろしということもあるのか、何
かの続きっぽい唐突な設定が多く、持ってる作品をとりあえ
ず詰め込んでしまったような印象。でも恐らく近作だと思わ
れる表題作と生徒会のと最後の描き下ろし作品の絵柄はいい
感じだったし、真ん中の二つの変にロマンチックで恥ずかし
いのとシリアスエロなのを見る限り、真面目なパターンも描
けるようなので、何かこう、色々とバランスが良くなってく
ると面白いものが読めそうな気も。とりあえず今回は、バラ
バラしている部分もあったりして、読みやすいとは言えない
状態でした。

表題作は、日本史の教師・倉持と、その倉持の唯一のオアシ
スである準備室に、勝手に出入りしている不遜な生徒・木島
という話。初っ端、先生を名前呼びだったので、ん?同僚?
と思ったら生徒で、恋人なのかと思ったらそうではなく、先
生なのに対して抗いもせずヤラれているし、何だかすごいヒ
ミツを握ってるっぽかったら、ただ盛大に彼女にフラれた場
面を見られていたというだけだったし・・・う〜ん、色々と説明
不足で解り難く、エロも唐突な印象でした。

『あかね空』は、両親の母校である高校に入学し、海外に居
る父親から来た手紙にあった「宝物」を探すという話。
何か繋がりが納得いかないというか、「宝物」を探しに行っ
たことは意味があるのかな?と。親友が同じ高校に行くとも
限らないし、自分を目の敵にする男に遭遇するとも限らない
し、結果的に、ほらね、みたいになってることに、んん?と。
ロマンチックテイストになのもむず痒くて苦手でした。
自分を見てくれてる人のお陰で変われた、それに気付けたと
いう、いい話ではあると思います。

『スプーン』は、何やら義兄弟が致しているだけの話。シリ
アステイストに昔っぽいモノローグの作品で、何の話なのか
さっぱり解りませんでした。

『ひねくれラヴァーズ』は、生徒会長に使いっぱしりにされ
てムカついていた勤が、歩いていた他校の地味メガネに足を
引っ掛けてこけさせてスッキリ!と思ったら、それが偶然
メガネ君を助けることになってしまったことから惚れられて
・・・というような話。テイストは嫌いじゃないですが、もう
少し発展するところまで読みたかったです。

『天然ラヴァーズ』は、そのワンマン生徒会長で大企業家の
三男・啓吾が、2つ年上で産まれた時からずっと一緒のお世
話係・たつきへの執着が恋だと気付くという話。やはりこれ
は描き下ろしということで近作っぽいので、一番読みやすか
ったかもしれないです。ただ、先ほどの話とともに、色んな
設定が謎のままなので、その辺の説明があったらもっと楽し
めたような気がします。

辛口で申し訳ないですが、ちょっと設定も話の進行も、解り
難い部分が多かったですね。表紙からもう少しテンポの良い
ラブコメを想像していただけに、残念な感じが。
でも商業だとまた違ってくると思いますので、今時な綺麗な
絵ですし、次にお目にかかれるのを楽しみにしたいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール