selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





暴神の虜/藤丞めぐる 【Daria】


〔2012/7/21〕

★★★☆☆

安倍神流(かんな)は強大な能力を持つ陰陽師。だが、それは
神流の身体と引き換えに鬼神から与えられたものだった。家族
や周囲から恐れられる孤独な身となった神流だが、皮肉なこと
に鬼神だけは常にそばにいて、神流を求め続ける。始めはその
傲慢な振る舞いと淫らな行為に反発していたが、次第に鬼神の
孤独や不器用な優しさを知り、神流は心を揺らし始めるが・・・!?

安倍分家の陰陽師として生まれながら才能に恵まれなかった父
親が、家の衰退を恐れ、鬼神と契約。息子・神流が成人した時
に、その身体を捧げる代わりに、本家をしのぐ力を授かること
になり、神流は陰陽師としては申し分ない才能を手にしたが、
あまりにも強い力のため、周りから恐れられるようになってし
まい孤独に。だが鬼神との行為を苦痛に思いながらも、次第に・・・
という、陰陽師ファンタジーでした。

ちょっと苦手な設定なのであまり乗り気ではなかったんですが、
元々少女漫画(花とゆめ系)の方でファンタジックな話を描か
れていた方ということで、話運びが滑らかで、読み難さは無か
ったです。ただ微妙に古臭い感じがあるのと、物語に特に目新
しさは無かったので、私としてはあまり印象には残らない感じ
でした。色っぽい場面も結構あるんですが、正直、BLである
必要は無いような気も・・・。でも思ったより読みやすかったの
は良かったです。

短編『色は匂えど』は平安時代の話で、階級の低い貴族の暁が、
盗人の疑いを掛けられたところを中将に助けられ、お礼に身体
を捧げることになってしまい戸惑うものの、実は以前から好か
れていたと知って・・・という、腹黒攻とおぼこい受の話でした。
サラッと読める感じで普通に面白かったです。

全体的に、真面目に時代物という感じであまり個性が見受けら
なかったので、次回はぜひ、描き下ろしのようなちょっとコメ
ディな部分なども見られるといいなと思いました。
私はあまり興味が持てる内容ではなかったですが、こういう世
界観がお好きな方なら、結構楽しめそうですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール