selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





きみの奏でる光/はみ 【ルチル】


〔2012/6/23〕

★★★☆☆

高校入学以来、自分にしか見えない「音楽室のユーレイ」清二
に恋している悠希。音楽室の取り壊しと卒業式を間近に控えた
ある日、清二が生前に作った曲を譜面におこす作業を請け負う
ことに。二人で時間を過ごすうち、清二がこの学校の誰かに片
思いをしていたことを知るのだが・・・?
切なくピュアな恋心を綴る表題作のほか、ポップでキュートな
シリーズ連作、描き下ろしなどを収録。フレッシュデビューコ
ミック!!

初コミックスの作家さんです。画面的には少女マンガの香りが
強く、話もついついツッコミたくなる部分もあり、完成度が高
いとは言い難いんですが、いいなと思う部分もいっぱいありま
した。面白かったですがライトなので、どちらかというと初心
者さんや若い子向けという感じでしょうか。

『プロローグ』は、じゃんけんに負けて図書委員になってしま
った、今時の高校生・野上が、一緒の当番でいつも本ばかり読
んでいる地味メガネの千賀谷の唇が荒れていて、リップを塗っ
てあげたことから、意識し出して・・・という高校生同士の話。
う〜ん。あそこでキスしちゃう意味が良く解らなかったなと。
何となく少女マンガ的過剰演出のような気がして、あまり好み
ではなかったです。ただ最後がほわんと青春っぽく終わってい
るのは微笑ましくて良かったです。

『スキノキモチ』は、実はお互いに好きな坂上と鹿野という親
友同士が、どうすればいいのか悩んでいるという話。ほわ〜ん
とした感じですね。好きな人は好きかも。

『好きな人の好きな人』は、親友・春希に5年間も片想いをし
てきた快だったけど、どうやら春希が好きなのは、快の姉・唯
らしく・・・という話。まぁこれは、結論は読め読めだったんです
が、姉の制服を着た快が可愛くて思わず何度も鼻血を出しちゃ
う春希がアホで面白かったです。

『きみの奏でる光(前後編)』があらすじの話。入学した時か
ら、音楽室のピアノの前に立つ幽霊・清二が見え、彼の鼻歌が
聞こえていた悠希が、卒業を前にその曲を試しに弾いてみたら
清二と話せるようになり、ピアノに触れられない彼のために、
自分がばっちり弾けるようになると約束するけれど・・・という話。
最初は、幽霊に一目惚れって・・・とか思っていましたが、上手く
いったところでずっと一緒にはいられないし、触れられもしな
いし・・・という切なさが上手く出ていて良かったです。
特に、清二の好きだったという人が、悠希は無いなと思ってい
たヨコやん先生で、先生にはその姿は見えず、悠希の話を聞い
て「そぉか・・・ずっと・・・いたんだなぁ」としんみり言うところ
で、思わずグッと来てしまい、お別れの場面でまた涙。叶わな
いこと前提ということで少々辛い話ではありましたが、どこか
爽やかさの残る良い読後感でした。

そして一転して『猫と杓子と』『タマにお願い!』『スキとゴ
メンね』、描き下ろしの『あれから、これから』の4話は、寮
で同室の猫好きの先輩・松下に、猫のようだからとやたらと構
われ可愛がられて迷惑の玉城だったけど・・・という、楽しいラブ
コメでした。先輩のアホキャラがイイ感じw

前半の3本がちょっとヌルい感じだったので、どうかな〜と思
っていたんですが、表題作が中々イイ感じで、最後のラブコメ
も楽しくて、尻上がりに面白くなっていった感じでした。
最高に進んだ関係でキスまでというピュアっぷりですが、たま
にはこういう青春ものも、ちょっと新鮮で悪くないかな〜とv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール