selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE B/永井三郎 【POEBACKS】


〔2013/4/24〕


★★★★☆

女装に興味がある、同性が好き、“人とはどこか違う”
・・・口に出来なかった悩みを打ち明ける事でクラスのいじめら
れっ子だった三島といじめっ子だった桐野は固い絆で結ばれ
る。しかし束の間の平和は、三島が社会科の教師・柳田に目
をつけられてしまった事からガラガラと崩れ始める。小さな
田舎町に駆け巡るウワサや息子へ多大な期待を寄せる母の想
い、その全てと対峙しながら三島と桐野、2人が導きだす答
えとは・・・。

2冊目で完結巻です。
これはもう、何か・・・切ないというかやるせないというか。
2人とも良く頑張ったと思うし、三島なんかすごく強く自分
の意思を表明していて、逞しくなったな・・・と思えるハッピ
ーエンドだったんだけど、桐野に関しては、家族との幸せそ
うな笑顔の描写とは裏腹に、私の中では、あぁバッドエンド
だ・・・という気持ちでした。
何かままならなさというか、彼がしっかりケリをつけて自分
で選んだ道だと解ってはいるんだけど、無性に悔しい気持ち
がしてしまい、泣けてしょうがなかったです。しかも再読し
てから、パラパラめくる度にまた深さに気付いてしまって。
つらいわ・・・。

ド田舎で母親と二人暮らしの中学生・三島は、可愛らしい顔
立ちで髪を伸ばしていることもあり、同級生の桐野や夢野か
らイジメられていた。実は三島は、夜に母親の口紅をこっそ
り借りて女装をするのが大好きで、ひょんなことからそれを
桐野に知られてしまう。だが桐野も実は、おねえだという一
面を持っていた。そんな共通の秘密を抱えた二人は共感し、
親しくなっていき・・・。

というわけで、お互いゲイであるという秘密を抱えた三島と
桐野が友情関係を築いていく中で、三島のことが好きで変態
教師の柳田から必死に守ろうとするもう一人の友人・夢野と
の関係とか、田舎町ということもあり簡単にそれぞれの母親
の耳に彼らがゲイではないかという噂が届いてしまったりし
て、そこをどう乗り越えていくのかというような内容。
1巻より更に深みのある話になっていて、色々と考えさせら
れるものがありました。

でもそういうちょっと辛い部分もあるけれど、二人とも誰
にも何も打ち明けることなくパンドラの箱が閉ざされたまま
だったとしたら、きっともっと苦しむことになっただろうし、
一歩間違えれば柳田先生のようにならないとも言えなかった
だろうし、一緒に開けてくれる友達に出会えたのは幸運でし
たよね。結局同じような箱でも同じものが入っていたわけで
なく、辿り着いた桃源郷も違ったけれど、どこに居たって
スピリッツは同じなんだろうなと。ある意味「初恋」とかの
ラブとは違うけど、尊い愛を得たんじゃないかなと思います。

また、桐野の子供の名前が「夏希」なんですよね。「もう夏
も終わりだなぁ・・・」というセリフと共に、二人が過ごした
「夏」にかかってて、桐野にとってはかけがえのない時間だ
ったんだろうな・・・と考えちゃって、たまらない気持ちに。
いっそのこと、母親なんか簡単に切り捨てられる子だったら
また違ったんでしょうけどね。大好きなんですもんね・・・。
しかしただの打算とは違うのは、彼自身にも「母親も含めて
自分」という意識が強いからなんだろうなと。

最初は強烈な印象だった柳田先生の補足があったのも良かっ
たです。これを読み終えると、彼も決して悪ではなく、三島
や桐野のような同志に巡り合えていればまた違った未来もあ
ったのかもしれないと思うと、これもまた切ない。
今では誰かに愛されていて欲しいな・・・という気持ちです。

夢野は、一度現実を見てダメかなと思ったけど、ちゃんと考
えてくれる子で良かったです。さすがに一年も考えっぱなし
ってバカだよね〜と思ったけどw 母の遺伝子を見ました。
あとは、三島の母ちゃんはやっぱ最高でしたね。「私は私で
お前はお前だ」と言うところの表情がめっちゃギャグ絵で笑
えるんだけど、愛情に溢れていてカッコ良くて、泣けてしょ
うがなかったです。

そういうわけで、まだ未熟な彼らがマイノリティの壁に直面
して、でも果敢に立ち向かって結論を出していくという、成
長の物語にもう胸がいっぱいです。ちょっとホラーのような
強烈な描写も交えてあるのが恐くて独特なんですが、半面優
しい心もしっかり描いてあって、読み応えがあって面白かっ
たです!どうか皆、幸せであって欲しい!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スメルズ ライク グリーン スピリット(1巻)/永井三郎 【POEBACKS】


〔2012/5/24〕

★★★☆☆

ド田舎に住む学生、三島はクラスメイトの男子からイジメを
受けていた。理由は三島が“ホモっぽい”から。実際に男性が
好きな三島は抵抗するすべもなく、隠れてする女装だけが心
の拠り所となっていた。ある日、三島がいつもの様に屋上で
1人の時間を満喫していると、自分が以前なくしてしまった
筈の口紅を持ったイジメグループのリーダー・桐野を目撃し
てしまう。彼はこっそりと三島の使った口紅を自らの唇に塗
ろうとしていたのだった・・・・・・。

面白かったですv 先日読んだ『少年よ、大志とか色々抱け』
は、どこかギャグについていけないと感じる部分が多かった
のであれでしたが、今回は笑える部分もありながら、思春期
の真剣な悩みも描かれていてバランスが良いし、最初から何
の話なんだろうと予測がつかないんですが、それがちゃんと
転がっていく面白さみたいなものがあって、ワクワクしなが
ら読みました。続きも非常に気になるので、早めに次が出て
くれると嬉しいです。

山以外何もない田舎町に母親と二人で暮らす中学生の三島は、
髪を伸ばしていることもあり、同じクラスの男子からキモロ
ン毛とイジメられていた。実は髪を伸ばしているのは、誰に
も内緒で女装をして楽しむため。ある日イジメグループのリ
ーダー格・桐野と夢野に髪を切られてしまった三島だったが、
何故か可愛いボブに切られていて、今まで以上に自分の可愛
さを自覚する。そんな時、屋上で一人の時間を過ごしていた
三島は、自分が落とした口紅を桐野がつけるところを目撃し
てしまい、桐野が自分に対して行っていたイジメは、嫉妬心
から来るものだと知る。やがて二人は同じ秘密を抱える者と
して、共感していくが・・・。

と言うわけで、最初はイジメっ子として登場した桐野が、実
は隠れおねえで、可愛くて華奢でそこらの女子よりよっぽど
可愛い三島のことが気に入らなかったらしいんですね。しか
し、ひょんなことからおねえだということが三島にバレ、二
人は次第に共感していき、一緒の時間を過ごすように。桐野
が「アタシ」と言おうとして「アタ・・・俺が」って言い変える
のが何気に可愛いw ちなみに三島の下の名前は、男らしい
「ふとし」ですw
この二人、共に家庭に事情があり、母親のことを大事に思っ
ているところが素敵。特に三島の元レディース母ちゃんの、
息子を守ろうとする姿にはかなりグッときました。

そして、まるで小学生のように三島に敵意むき出しの夢野は、
どうやら三島のことが好きみたいで。そんな中、変態ショタ
コンゲイ教師・柳田に目を付けられてしまった三島が、授業
中にボ〜ッとしていた罰として、お尻ペンペン100回の罰を
受けることになって・・・ キャー!という、ある意味ホラーな
展開になったところで終わっています。

全体的に、恋の話にはなってないし、これから芽生えたりす
るのかも謎ですが(三島も桐野も、好みの男はガチムチ胸毛
モジャ〜の江戸川先生だしw)、マイノリティな彼らが彼ら
なりに頑張っている姿が微笑ましくて、楽しかったです。
普段の絵は美形なのに、ギャグの絵はアホ可愛くてパンチが
効いてて、ホラーな絵は恐ろしく、ちょっと今までのBLの中
には居なかった青年誌寄りの絵柄と作風で、新しい風を吹か
せてくれそうなタイプですね。果たして、しっかりとBL的な
恋の話を描けるのか多少不安な部分もありますが、前作では
感じなかった、意外に色んな才能を持ち合わせた人なんでは
ないだろうか・・・という、可能性のようなものを感じました。
続きが非常に楽しみですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







少年よ、大志とか色々抱け/永井三郎 【BBC】


〔2012/5/10〕

★★☆☆☆

「鬱陶しい」「寄るな豚!!」ムサ苦しい男子寮に舞い降りた
女神・カズマに殴られ罵られても、マサジは今日もめげずにア
タック★だって仲良くなりたいんだもんv努力の甲斐あってか
(?)、カズマのツンツンオーラ半減、甘酸っぱいこの雰囲気
はもしや・・・!?超健康優良児と超ツンデレ美青年&愉快な仲
間たちが色々かます青春ラブコメ★

空気の読めない能天気なオバカ高校生・マサジが、美しいけど
クールで毒舌な転入生・カズマと何とか仲良くなりたくて、め
げずに挑むというコメディでした。

某所でハイテンションなギャグ漫画だと聞いていたので、ギャ
グ全然OKな私は楽しみにしていたんですが・・・あまり笑いどこ
ろが無かったw でも、強烈なんだけど実は結構綺麗な絵柄とか、
キャラとか設定とか挑んでる姿勢とか、基本的なところはすご
く好みです。ただ画面の様子で振り切れてる風なんだけど、意
外と普通の内容で、何かちょっと上滑りというかフワフワして
るというか、笑える場面がいっぱいというところまではいかな
かったようで。自分は笑いのハードルはそれほど高いタイプで
はないと思うんですが、皆さんが言われるほど面白いと感じる
部分は無かったです。

しかし、カズマにキャベツをかぶせているところと、マサジの
コスプレの衣装での登場シーン(この顔w)だけは爆笑でした。
マサジはウザオバカだけど、何か可愛くて好きなキャラだった
ので、まぁ楽しかったです。

あとの短編2本もやはり、校長先生とか、元ギャル男の黒髪眼
鏡とか、キャラ的には面白いし画面的にも好きなんですが、
話はさほどハマらず残念。でも何か嫌いじゃないので、次回も
期待したいなと思える、応援したくなるタイプでしたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール