selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





コーヒー男子にシロップ/木村イマ 【花恋】


〔2012/3/28〕


★★☆☆☆

「俺はコーヒーが飲めない。ギターもベースも弾けない。かっ
こいいからはじめて結局やめて、コーヒーショップ店員もオシ
ャレだからなりたかった」すべては大好きなかっこいい当吾先
輩に近づくため・・・。心の奥深くに秘めた劣等感に苦しみながら、
脇役の人生を甘んじて受けるつもりだった主人公たち・・・。そん
な彼らに訪れた5つの希望。BL界の異才、木村イマの初単行本!

全5作品が収録されている初コミックスです。
最後の話『宝石を捜して』は、かなり好きで泣けてしまいまし
たが、他の作品はモノローグや独特の間が雰囲気BLという感じ
がして、正直自分には間延びした印象でした。一応他のところ
の感想を見てみたら、結構面白かったという方が多かったので、
少し抽象的な表現も好き、変わった感じのが好きという方には
いいのかもしれないですね。

表題作は、大好きなコーヒー好きの当吾先輩に近付くために
コーヒー屋になった後輩という話。一途な気持ちは可愛くて面
白かったですが、間や言い回しのわかりにくさが自分は少し苦
手でした。

『恋は君にはやさしいかい?』は、電車で見かける学生にじん
わりと恋心を抱いているリーマンという話。これも話のベース
は好きなんですが、やはり雰囲気BL的でほわほわしているのが、
くっきりはっきりBLが好きな自分としては得意でなく。

『ただ僕は好きな人とセックスがしたいだけなんだよ』は、友
人・小柴に愛されたいがために女装を始めた正義。女になりた
いのかなりたくないのか、何か良くわからなかったですw ただ、
男の子の姿の正義は可愛いですね。

『愛と狂気』は、暴力が抑えられない奏と、かつて自分に暴力
を振るっていた父親が自殺した過去を持つ健という、一緒に暮
らす二人。奏のそれを受け止めようとする健だったけれど・・・と
いう、かなり相当痛々しい話で辛かったです。結局救われては
ないですよね。延々繰り返していきそうで怖いです。こういう
病んでる話は苦手なので、ただキツイだけでした。

『宝石を捜して』は、女装オフに参加したところを偶然会社の
人達に見られてしまい、キモいと言われてしまった恩田が、同
じ会社の温厚な紺野さんに雑貨屋巡りに誘われたことで、少し
だけ勇気を・・・という話。これは良かった!まだ恋愛未満では
あるけれど、心温まる素敵な話で思わずウルウルしてしまいま
した。

個性的な話が多いので、一風変わったものが読みたいという時
にはいいかもしれないですね。私は面白いと思う部分もあった
んですが、ノリが合わないと難しいかなと思う部分もあって、
最後の話以外は少し苦手でした。でも変化球で予測つかない感
じなので、またすごくハマる話に出会うこともありそうだなと、
違うのも読んでみたい気持ちにはなりました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール